みぞかさん 運用するには 取手欲しい

ようやくホームページにも色々整理して書き始めたのですが、「みぞかさん」ことAXJ赤道儀を導入して、実際何度か運用してみると、いくつか問題点が見えてきました。

まぁ、これは導入前から問題だと思ってたのですが、まずはその重さ。17.5kgという運搬用としては結構な重量なので、部屋から車まで運搬するのにかなり苦労するんです。そもそも結構ツルリとしたデザインなので(よく言われている)AXDほどではないにせよ、持つところがなくて苦労します。
運搬時は本体を抱えるようにして持ち上げるため、腰に結構負担になる上、本体以外は何も持てず、ドアの開閉にも苦労するんです。更に三脚に乗せる時もほとんど抱えたまま。とにかく扱いくい。せめてどこかに取手が付いてれば助かるので、
2019年CP+の時にビクセンブースで聞いてみると、やはり要望はあるということでした。ただ、中途半端なのを付けて「運搬中に外れてお客様が怪我したら…」と言う事でPL法含めて実現は難しそうでした。ならば!ここはユーザー側でなんとか工夫するしかないでしょう!。
AXJ取手三脚上

色々考えてみて、行けるかも、と思っていたものは、極軸体に紐をぐるぐるに巻き付けて接着し、そこに取手用の紐を付ける方法。これなら重量増も少く、バランスさえ合わせてやれば片手で持ち上げられるかもしれない。後は稼働上邪魔にならない様に巻けるかどうかというところまで考えてました。

まずは太めの紐で軽く巻いてみて、バランスがどの辺か探ってみると、赤緯体の極望辺りに紐が引っかかるところがあり、1回回してやるだけでそこそこ持ち上げられるバランスになる事がわかりました。しかも適度に紐をたるませてやれば、運用にも問題はなさそうです。これでいいジャーン

てなわけで、みぞかさんの出し入れのみに使う取手としてはこの紐を使うことにしました。直径7mmの金剛編みポリエステル紐1本のみ、です。若干不安は残る(いや、十分不安?)んですが、これを使うのはケース出し入れと三脚にセットするときだけなので、紐が変なところに掛かってないか(外れてないか)確認できれば問題はありません。
AXJ取手ヒモぶら下げ
良く見ると(いや、見れば分かるが…)バランスは三脚軸にはあって無くてやや前寄りなので、セッティング時には手も添えてやらなければならないので、本当はもう少し調整した方がいいのかもしれません。でも、それよりも特にケースへの出し入れ時に片手で垂直に出し入れできるようになったのは相当に便利だったりします。

写真は片手で持ち上げて、もう片方の手で撮影したもの。さすがに18kgを片手でぶら下げているので、ぷるぷる状態です。その状態ではさすがにフォーカスを合わせられなかったのでボケボケです。

やっぱ取手は必要ですぜ。ダンナ。

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント