銀河たち 空の上だけ 秋の気配

雲を避けながらの毘沙門での撮影ですが、薄明も近くなってうお座がそこそこ高くなってきたのでうお座の銀河、M74を狙ってみました。

ただ、このときにはすでに主鏡にうっすら結露していたのを確認してたので、写りはあまり期待してませんでした。実際、銀河はとにかく微光星の写りがイマイチな気がします。
M74 2019年8月4日
FUJIFILM X-T1 SkyWatcher BKP250+パラコア1(1150mm F4.6 130sec x7 ISO 3200)
Vixen AXJ赤道儀+ECDノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

なんかメシエの中でも特段に暗い銀河らしく、ISO3200の7枚ですが、やはり露光不足は否めません。無理やり強調しているもんだから、例の針状ノイズで埋もれてしまいました。ノイズが出るのは仕方ないのですが、この変わったパターンのノイズはFUJI特有な気もします。X-Tranceのノイズなのか、単に強調し過ぎなのか…

M74クローズアップ

とにかく、ゴリゴリに強調すればフェイスオンのきれいな銀河が見え始めました。もっと枚数を稼いでやってきちんと処理してあげたいところです。フラットもしなくては…。

毘沙門3i

Canon EOS80D SIGMA 10-20mmF4.0-5.6EXDC(10mm F4.0 30sec ISO 4000)

星座の上ではもうすっかり秋で、東の空からはすばるも登ってきているのですが、暑い夜でした。薄明まではまだ少し時間があるのでもう少し撮影したかったのですが、体力的に厳しかったこともあり、このへんで撤収としました。
関連記事

コメント

非公開コメント