ゆるやかに 顔をもたげる 水の中

江ノ島水族館での続きです。撮影そのものは結構な枚数しているのですが、どうしても暗い場所が多いので、ピントやブレの関係、そして魚は動いているのが多いので、アングル的にもいい感じになるカットは少ないのが実際です。イルカショーなんて、何枚連写したことやら…(^^;
えのすいチンアナゴ201907

で、チンアナゴです。かならずしもハデでもカッコよくも無いのですが、なんとなく癒やされる顔つきですよね。この時は比較的しっかりと顔を出してくれている状態で、背景の2匹とのアングルがいい場所を狙って撮影できました。ただ、どうしても水槽に対して角度が付くので、色収差が出てしまうのが残念なところです。いくら高性能なレンズを使っても、さすがにこれの色は消せません(^^;

OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-40mmF2.8Pro(40mm F2.8 1/100 ISO 1600)
関連記事

コメント

やまぎり
こんにちは!

私のブログにコメントを頂いておりましたのに、気づかずにスルーしておりました。。すみません。

これ、アナゴなんですね。。真剣な顔つきに見えますが、「食い物来いよっ!」としか考えていないのでしょうね^^;

私も水族館好きなのですが、箱根や河口湖にある淡水魚の水族館がお気に入りです。両方合わせて10回以上は行っていると思います。
あと、水槽のアクリル板の厚さを見たりするのも好きです^^;

茶米 玄

やまぎりさんどうも~。スルーは私も良くやらかすので、気にしないでください~(^^;

水族館は被写体が多くて好きなんですが、思ったほど行く機会が無いんですよね。気がついたら同じ水族館に行ったことがほとんど無いかも…
水槽のアクリル厚さを見るとは…専門家ですかー?(^^;
望遠鏡の反射鏡もアクリルでできたら軽くならんかなー。
非公開コメント