アンドロメダに 銀河の深みを 感じつつ

晴れてはいるのですが、この暑さにヘバりつつ、月も大きいので撮影のモチベーションも出ず写せてません。こんな時は涼しいところで画像処理をするのに限りますね。月初めの毘沙門で撮影したアンドロメダ銀河をようやく処理してみました。
M31 2019年8月 2枚合成

処理を後回しにしたのは、焦点距離1150mmでAPS-Cだと、M31は目一杯はみ出します。少なくとも2枚モザイクは必要なので、面倒なのは後回しにしてました。なんとか処理しましたが、2枚だけだと中心分だけなので、この重なり具合だと両側にもう2枚、モザイクしないと足りませんね(^^;。

FUJIFILM X-T1 SkyWatcher BKP250+パラコア1(1150mm F4.6 130sec x8×2枚モザイク ISO 3200)
Vixen AXJ赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProで調整→PhotoshopElementでPhotoMerge+IrfanViewで微調整

久々のM31撮影だったので、重なり具合に余裕を持ちすぎたのも敗因です。周辺減光の度合いにもよりますが、そんなに重ね代を取らなくてもよかったかもしれません。3枚モザイクにすることも含めて、この秋はこの辺を色々やってみようかな…。
それにしてもPhotoMergeさまさまです。自分だけではここまでスムーズに繋がりません。久々にPhotoShopElementを起動しましたが、実際、この機能のためだけに購入してあるような…というかこの機能しか使ってませんね(^^;

この日は登ってきたM45も、一応記録だけ、ということで1枚だけ撮影してます。
m45 1枚のみ
ISO3200 2分1枚だけ

こうやって強調してみると、スパイダー以外の光条も結構見えますね。今までミラーのマスクとかを検討していなかったので、そろそろ考えないといけない気がします。この日、ミラーが少しだけ曇っていたように見えたのですが、改めて後日確認してみると、曇っているのか分からないぐらいホコリがついてました(^^;。保管環境の問題もあるかもしれませんが、そろそろ洗浄もしなければ…(^^;;

撮影風景はこんな感じです。こうやって見ると、南側~西側は、比較的暗いんですよね。もうちょっと色々狙えるようになりたいところです。
毘沙門2019年8月39

今回はデジカメのレリーズコントローラーを軽量化していったので、その辺は少し楽にできました。軽量化の内容については、そのうちまた出しますね。
関連記事

コメント

非公開コメント