風にも 冬の嵐にもマケ…マケタクナイ (風中の30cm結果)

今晩は。玄です。少し…というか、ムリヤリな画像処理ができたので、せっかく撮った結果を晒しておきますね。

1月3日の夜、晴れが約束された毘沙門に行ってきたのですが、結果としては風が強くなってきてギガント(オライオン30cmF4カーボン)の実力を発揮できないまますごすごと帰ってきました。

2019年1月3日毘沙門その2

OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-40mmF2.8Pro(12mm F2.8 25 ISO 3200)

ただ、風がだんだん強くなる中なんとか撮影できないかと何度か頑張ってみたのですが、結果としてはやっぱりブレブレな画像の量産です。ただ、なんとなくソレっぽい画像にはできそうだったので、ムリヤリに重ねて画像処理をしてみました。本来なら周辺減光とかもしっかり調整したいところですが、とてもそこまで詰めた処理をする画像にはならないので、かなりてきとーです。でも、思っていたよりも周辺減光は少なく、少し暗い空で撮影すれば結構楽な処理でそれなりの結果が出そうな気がします。あくまで、ポテンシャルの可能性だけをチラ見した結果になりました。風が少ない日に、またチャレンジしたいと思います。

月没は日付が変わる頃。なので、星空は半分春の気配です。まずは冬の終わりを告げる散開星団、M46を狙ってみました。本当はネズミ銀河?のNGC1055を狙いたかったのですが、もう今年は無理かな…(^^;

M462019年1月3日毘沙門

FUJIFILM X-T1 Orion CarbonSTD300mm+パラコア1(1380mm F4.9 120sec x8 ISO 3200)
Vixen AXJ赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整
(以下注釈無い限り同じ)

風で星像がボテボテになっていますが、そこは目をつむっておいて…まぁ、もういいです。はい(^^;
とりあえず惑星状星雲のNGC2438もしっかりと写りましたので、ちゃんと撮影できる、というのは…まぁ、今回で無くてもしっかりわかっていたのですが…。星像の周辺状況とかも確認したいところですが、とにかく星がブレブレ・ボテボテなので、撮影した、という証拠だけ挙げていきますね。残りの写真は、もう、「以下同文」です(^^;;

モンキー星雲(NGC2174,NGC2175)

モンキー星雲2019年1月3日毘沙門

次に狙ってみたのはモンキー星雲。実際にはこれとは別にエスキモー星雲を撮影してみたのですが、アレは視直径がかなり小さいので、ブレの影響をモロに受けて、ただの青い星になってしまったのでボツです。こちらは広がった青雲なので、ちゃんとそれっぽくなりました。ただ、確かこの星雲の中心分は少し青っぽくなるはずなので、思ったより色が出ていない気がします。赤い星雲が良く写るX-T1だからなのでしょうか。やはり、これはまだチャレンジしてみたい気がします。


だいたいこの辺で撮影に限界があるのが分かってきて、もうヤメようかな、とも思ってました。ただ、時折風が弱くなるときもあります。なのでもう少しチャレンジ…ということで次は…もう狙えそうなのは春の銀河になってきています。ということで、M81,82を狙ってみました。
M81,M82 2019年1月3日毘沙門

しかあし!。8枚撮影した結果は、あまりにもヒドいものばかり…風向きも悪かったのかなぁ。そんな中に、1枚奇跡的に?そこそこの画像がありましたので、このM81,82は1枚の結果を強調処理してます。なのでノイズもそれなりですが、そもそも他のも8枚のを強調処理しているのでそーんなに変わりません(ヲイ
ノイズはとにかく、解像感や淡い部分の描写を見ると、それなりにポテンシャルはありそうな気がします。うーむむ、これはもっと20枚以上ぐらいの露出をかけて色々やってみたくなります。

最後は、もうてきとーでいいか、という状況になってきたので、とりあえず肉丸さんに向けてみました。しし座のさきっぽにあるNGC2903です。
NGC2903 2019年1月3日毘沙門

これも星像はかなりひどい状況でしたが、銀河の描写を見ると星の状況の割には面白そうだったので、ムリヤリ8枚合成してみました。棒渦巻き銀河としての形と、ぐるぐると、淡い腕が少し見えてきています。これまた、やっぱりしっかり撮影してみたくなりますね。

ギガントは、まだスパイダーが割れる問題とか、ピントの問題、たわみの問題なんかもあるので、いい絵を出すために色々しなければならないことも残っています。今年いっぱいはかかるかなー。メシエをこれで一通り撮影したいと言うこともあるので、風対策、撮影地も含めて、がんばってみますー。
関連記事

コメント

nam
ギガントはギガントなだけにやっぱり風には弱いですかね?
んでも、肉丸さんまでとなるとかなーりボテッちゃってますが、M46なんかいい感じぢゃないかと思います!



茶米 玄
namさんどうも~。本来のギガントは、多少の風なんか全然問題にしないとは思いますが、コイツはさすがに…(^^;
風は次第に強くなってきてたので、肉丸さんの時には、「いやもう、コレはダメでしょう」というレベルでした。
M46は比較的最初に撮影したのでなんとかなったんですね。もっと静かな夜にしっかり撮影したいところです。
非公開コメント