寒さ耐え 粒粒目指せば 雲も湧く (公園撮影 M3)

先週土曜日にチャレンジした公園撮りですが、M51を撮影したあと、さて、とちょっと迷いました。しし座も高く上がってきているのでその辺の銀河でもいいし、先日淡くしか撮れなかったM100リベンジでもいいかもしれません。
ただ、M51の写りも結構淡かったので、絵にならなければ坊主です。ここは写りの確認という意味でも球状星団を行っとこう、ということですぐそばのM3に向けてみました。

公園撮りM3 2020年2月
FUJIFILM X-T1 KASAI GS200RC+x0.8レデューサー(1300mmF6.4 90secx10 ISO 1600)
iOptron CEM25EC赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

余裕があれば更に銀河を狙うつもりです。さすがに球状星団。淡い星を無理に炙らなければ(というかそもそも写ってない)背景もそこそこ暗くできて見える絵になってくれました。少々赤い気もしますが、これがこの球状星団の特徴なのかどうかはまだ分かりません。もっと透明度の高い場所で撮影しなければなんとも言えないところです。

公園撮り雲襲来 2020年2月

さて、M3を10枚ほど露出して、他の銀河もチャレンジしてみるかな…と思ったところで雲雲来襲です。全天を覆い尽くす、というほどではありませんが、M3にも雲がかかり始めて、撮影が継続できる気配ではありませんでした。寒さも応え始めていたので、この辺で撤収です。
この公園、すぐ近所ということもあるので、街灯とかをうまく対処(直射を防ぐ)できれば、テスト撮影地としてはいいかもしれません。視界もそこそこ広いしね。次は、極軸望遠鏡の暗視野電源ケーブルを忘れずに持ってこよう…。
関連記事

コメント

UTO
オライオンより、風にはRCの方がマシですか?
あまりにも坊主連発で、まじめにVISACで頑張るかなぁ・・と悩み中です・・(;´д`)トホホ…

茶米 玄
UTOさんどうも~。
オライオンは、どうしても面積があって軽いので、風には…
ただ、この日は風もあまり無く、落ち着いて撮影できました。
リチャード君はとにかく、まる子(CEM25EC)は結構華奢なので、風には弱いかもしれません。

これからの季節、VISACとかの方がいいかもですね~。
非公開コメント