月笠に 電波は無くとも月面A

今晩は。玄です。
7日の夜、飲み会帰りに見上げてみると、薄雲で笠をかぶってはいるけれど、お月さまが見えていました。月面Aが条件良く見えるという話でしたので、帰って一休みしてから、玄関先にリチャード君を展開。曇っているし満月直前なので公園までの出撃は無し、です。
月面A 2020年2月 全体
FUJIFILM X-T1 KASAI GS200RC+x0.8レデューサー(1300mmF6.4 1/250sec ISO 400)
月面Aの出たお月様…と言っても「あそこ」と分かっていてもほぼ見えません…

月の高度が相当に高いので若干無理な態勢になりながらも、X-T1のチルト液晶に助けられながらの撮影です。レデューサーを入れての直焦点撮影ですが、正直月面Aには少々拡大率が足りません。できれば2~3倍のバローかエクステンダーが欲しいところです。月面Aってどこよ?と、ネットで画像を見ながら撮影したのですが、なかなかキビシイですね。

月面A 2020年2月 拡大
同上、トリミング。Aが分かりやすいように上下をさかさまにしてます(と言っても、ほぼ真上なんで、上下はあってないようなもんです)

眼視でも見てみた後、もう一度撮影したのですが、雲が濃くて今一つの結果になりました。まぁ、でもこうしたイベント?でもなけれな月面撮影とかも滅多にしないので、いい経験になりました。

タイトルの「電波」ですが、電波を発生する天体には強い順?だったかな?にABCの名前が振られます。なので、月面Aは…と言うわけです。実際にはそこから電波が出てるわけでは…無いですよね?(笑
関連記事

コメント

非公開コメント