市街地の バラを一輪 撮りましょう (SE120でバラ星雲)


はい、玄です。本日は2の日でしたね。だからと言って何かあるわけではありませんが(^^;

引き続きドナルド+ロードスター(SE120+NB-1)で公園撮りをしてみたものです。
この日は平日と言うこともあり、撮影そのものは1時間ぐらいで切り上げましたので、M42とこのバラ星雲で精一杯でしたが、結果を見る限り、もっと色々撮影してみたくなります。フラットやらスケアリングやら、もうちょっと画像処理に対応する術も身につける必要がありそうですが…。

ということで、試し撮りの時にエクスカリバーが刺さってた(^^;。バラ星雲。1分×12枚で撮影できたのを処理してみました。雲も無く、エンコーダー付きのまる子で1分露出なので、ガイドミスはありません※1

公園撮りバラ星雲2020年2月
Nikon D600改 Kenko SE120+カサイx0.8レデューサー NB1(480mm F4.0 60secx12 ISO3200)
iOptron CEM25EC赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

周辺減光はとにかく、いい感じです。多少強引かも知れませんが、バラ星雲の上や左に少し伸びるガスも少し表現できているようです。露出の状況から言えば、M42とは違ってもうちょっと露出時間をかけてもいいかもしれません。

せっかくなのでもうちょっとトリミングしてみました。サイズ的にはこれぐらいが楽しいですね。もしAPS-Cで撮影したらこんなもんかな?
公園撮りバラ星雲2020年2月トリミング

比較として、以前ヤビツまで行ってがんばって撮影したヤツをリンクしておきます。

ヤビツは南側が結構厳しくて、必ずしもベストな場所ではないのですが、それでもそれなりに見える場所です。当時はバンクーバーも使っていて、やっぱり効果はあるよなぁ、と言ってました(^^;

でも、今回のは市街地でコレです。ヤビツでの結果とほとんど変わらないイメージです。しかも今回の筒は安価なアクロマート。
街灯もありますし、空は結構明るくて、眼視では北極星がちょっと厳しいかも、というレベルでした。
公園撮り2020年2月 北極星が見える…ギリ…

それでこの結果ですから、こんなの見ると、赤い星雲狙いなら、もう遠征はしなくてもいいかな…なんて思ってしまいます。
フィルターは面倒だし、赤外カメラはもっと面倒そうなので全然使ってこなかったのですが、これなら、もっと積極的に使って撮影側を楽にしてみたくなります。

とりあえず、次はせっかく持ってるCMOSで自宅から電子観望テストかな。レンズも色々あるので、カメラレンズで試してみたいと思います。

そう言えば、SE120で惑星とか月とかを見ると、どうしても色収差でコントラストが落ちて、今ひとつの見え味だった覚えがあります。このフィルターを付けて眼視したら、もしかして違うのかな…どこかで試してみたい…。

※1あくまで、私の基準です。かなりゆるゆるだと思ってください(^^;

関連記事

コメント

非公開コメント