影と模様 小さな銀河の はるかから (M108,M98, NGC5866)


こんばんは。玄です。昨日、今日と、よく晴れてたのですが、画像処理がまだまだ進まないままなので望遠鏡を出す暇もなくてなーんとなく悔しい夜です。週末雨だしなー。

M108銀河とM98フクロウ星雲
M108銀河とM98ふくろう星雲 2020年3月
FUJIFILM X-T1 Orion CarbonSTD300mm+SkyWatcherF4コマコレ(1200mm F4.3 60sec x8 ISO 1600)
Vixen AXJ赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

さて、3連休に撮影した結果ですが、ようやく銀河祭りの始まりです。まずは北斗七星のひしゃくの底の部分、M108銀河とM98惑星状星雲ことフクロウ星雲です。が、さすがに1200mm。一応視野内に両方入ったものの、あまりにキツキツです(^^;
途中まで撮影して、こりゃあやっぱりキビシイだろう、と思って撮り直しです。

M108銀河 単独(^^;
M108 おおぐま座 不規則銀河 2020年3月
FUJIFILM X-T1 Orion CarbonSTD300mm+SkyWatcherF4コマコレ(1200mm F4.3 120sec x9 ISO 1600)
Vixen AXJ赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

やっぱり中央に持ってくれば周辺減光とかをあまり気にしなくてもトリミングすればなんとかなりそうになるので気分的に楽です。フクロウ星雲は、今回これ以上撮りませんでした。優先順位は銀河です(^^;

そして、こちらはNGC5866。レンズ銀河です。今回は基本メシエ狙いで進めていたのですが、このレンズ銀河と、まだ処理のできていない例の球状星団だけは寄り道してみました(^^;

NGC 5866 りゅう座 レンズ銀河 トリミング
NGC5866 りゅう座レンズ銀河 トリミング 2020年3月
FUJIFILM X-T1 Orion CarbonSTD300mm+SkyWatcherF4コマコレ(1200mm F4.3 120sec x4 ISO 1600)トリミング
Vixen AXJ赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

もともと小さな銀河ですが、よく見ると真ん中に一本暗黒帯が走っています。なかなかかわいい感じです。もうちょっと枚数を稼いで解像度があげられたらもっと面白いかもしれません。元画像だとこんな感じです。ちっさ。
NGC5866 りゅう座レンズ銀河 2020年3月
おまけ。撮影開始後、ポタ赤で撮影したオリオンです。E-M5IIで撮ってるんですが、低空の光害が結構あって赤い淡いのが出せない状態です。まぁ、こんなのもいいかな。ベテルギウス復光してるし(^^;

オリオン座
オリオン座 2020年3月
OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-40mmF2.8Pro(31mm F2.8 60sec x8 ISO 1600)ケンコープロソフトンA
Vixen PhotoGuide2 ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

関連記事

コメント

非公開コメント