彗星も フクロウも飛ぶ 春の夜に (パンスターズ彗星 C/2017 T2),M97)


こんばんは。玄です。
先週アトラス彗星を宅撮りした際、せっかくなのでいくつかの対象を撮影していました。画像処理であれやこれやとしている間に次の撮影をしたりと、ばたばたしていたのでなかなか先に進めてません(^^;

まずは、アトラス彗星と同じく北天を移動中で、ここ最近としては比較的明るい状態で残っているパンスターズ彗星(T2)です。確かこの彗星は5月後半にM81,2に接近するらしいので、それはそれでまた狙ってみたいところです。

パンスターズ彗星(C/2017 T2)2020年4月
Canon KissX9(HKIR) Orion CarbonSTD300mm+SkyWatcherF4コマコレ(1200mm F4.3 60sec x16 ISO 800)
Vixen AXJ赤道儀ノータッチガイド DSSでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

さて、今回撮影・画像処理において、市街地での撮影では周辺減光があまりにも顕著なので、なんとかフラット処理を進めていました。が、やはりPaintShopProだけでフラット処理をするのはあまりにも面倒なので、ソフトに頼ることにしました。無料で使える、DeepSkyStucker、DSSです。もっと早くやれよ、と言われそうですが、そもそもフラット撮影もしていなかったので、お手軽に使えてたYIMGでずっとやってたんですね。

何はともあれ、DSSの最新版をインストールして進めてみます。以前だとわからないことも多かったんですが、さすがに今だと多くの方が使い方を書いていてくれているし、天リフさんも彗星スタックのやり方を書いていてくれてたりするので、思っていたよりも簡単に進めることができました。ダークはまだ処理できていないのですが、こちらはまたぼちぼちやっていきます。

最初、フラット処理をしてみても、いまひとつしっくり来なかったのですが、それは単にフラットの向きが180度違ってたからでした(^^;。合わせなおして処理してみると、フラットの撮り方もまだ完全ではないので、完璧ではありませんでしたが、それでもかなり自然な感じで仕上げることができています。やはりフラットはしっかり撮ってしっかり処理に加えるべきですね(^^;;

で、今回フラットを撮った方法は、こんなやり方です。レジ袋とかで実施してみてもよかったのですが、空の明かりをちゃんと撮れるか、ということと、余計な街灯の光を拾うこともあるかと思って、内側に半透明な板を置く、という手法でやってみました。

ギガントフラット撮影用パネル。斜鏡センターがずれてる…

半透明の板は、PPクラフトシート0.75mmのもので、すりガラスの様になっているものです。これで星は完全に消えて空の明るさだけが平均化されてくれます。見た目は2穴ファイルの表紙みたいな感じなので、口径が小さければそういったもので代用できるかと思います。これなら、キャップの裏とかに忍ばせておいて現場で使うにも楽ですしね。

ただ、これを作っていて一つだけ問題が…。よく見てもらえればわかりますが、このフラットシート、一応センターの斜鏡の部分に穴をあけてます…が、実際にはめ込んでみると、斜鏡サポートがセンターにないんですよ…いいのか?これ?
そもそも斜鏡サポートのスパイダーが割れる(歪んでいる)という問題もあるんですが、センターが出ていないのも結構問題なんじゃないかと…斜鏡の位置が正確ならいいのかなぁ…(そもそも斜鏡の位置:オフセットも正確かどうかあやしいかも…)

さて、その辺の調整はまたそのうち検討してみるとして、もう一つ撮影してみてました。以前M108と一緒に撮影したものの、あまりにはじっこ過ぎて半分あきらめてたM97、ふくろう星雲の単独撮影です。惑星状星雲だから市街地でもそこそこ写るはず…と思ったのですが…

M97 2020年4月宅撮り
Canon KissX9(HKIR) Orion CarbonSTD300mm+SkyWatcherF4コマコレ(1200mm F4.3 60sec x16 ISO 800)
Vixen AXJ赤道儀ノータッチガイド DSSでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

むむぅ、なかなか厳しい状況です。やはり、もう少し暗い場所で撮影したいな…。センターに無いのはまぁ、直すのが面倒だったからだけです(^^;。

ということで、やはり市街地でのブロードバンド撮影はなかなか厳しいものがある、というのと、フラット撮影はしっかりすれば相当に効果的だということがわかってきました。だんだんTNKから外れていくのですが、こういう環境で撮影している以上、しょうがないでしょう。もう少し、宅撮りを極めていきたいと思います。

関連記事

コメント

非公開コメント