青空に 伸びる柿の葉 夏が来る


少し前の写真になりますが、気が付いたらストックになっていました。青空がいいので今のタイミングで出してみます。近所には柿木を植えてあるところがいくつかあって、青空がのぞくとすごくいいコントラストを出してくれます。

青空背景の柿の葉2020年4月
OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(75mm F4.0 1/3200 ISO 200)

ただ、実際にカメラを向けてみると、葉の重なり具合と青空の向きとの関係があって、なかなかいいアングルになりません。柿の木は民家の庭や畑とかに植えてあることが多いので、おいそれとカメラを向けられないという場所もあります。

この木はちょっとした公園っぽいところにあったので、アングルの制限はあってもある程度自由に撮影ができました。木が小さくてかなり近寄って撮影できたというのもあります。青空に映える新緑の柿の葉の緑がいい感じで、更に大好きな葉脈も良く見えています。もう少しするとこの柿の葉も濃い緑色になって、本格的な初夏、というか夏に向かっていきます。こんな透き通る葉を見られるのも、少しの間だけです。



さて、このブログ、天文リフレクションさんに登録はしているのですが、新着が反映される時とそうでない時?とあるようです。何か設定があるのかもしれませんが、星関連の話題だけでなく、こんな風に普段の風景や植物なんかの写真を載せている関係ではじかれているのかもしれません。まぁ、Yahooの時とは違ってアクセス統計とかがわからないので、あまりこだわってもしょうがないとは思いますが、天リフさんのブログ更新情報は今となってはかなり貴重な情報源になっているので、頑張ってほしいとは思ってます。…いや、まぁ、自分のが反映されないんで単になんとなく悔しいだけです(^^;
情報入手としては、RSSリーダーとかををうまく使えば似たようなことはできるのかもしれませんが、まだ試してみたこともないので、天リフさんに登録されていないブログとかを参照する場合は活用してみたいとは思います。


関連記事

コメント

非公開コメント