片隅に 我が世の春よと タラビコか


家の片隅に咲いている野草がぼちぼち花が咲き始めました。雑草なので処分してもいいのですが、このかわいい花はちょっと刈り取りしにくくて、とりあえず写真を撮るまでは置いてます(^^;

ナタネタラビコだと思われる 2020年5月
OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(66mm F4.0 1/500 ISO 200)トリミング

朝見ると、花をつけていて、早くなった日の出を受けて生き生きとしていて、「これなら絵になるから後で撮影しよう」と思ってたのですが、夕方見てみると、全ての花が全部綴じてました(^^;

今回は朝早くに撮影してみました。外出自粛で閉塞しがちな気分ですが、身の回りで確実に季節は進んでいます。力強い植物に、勇気づけられる気もします。

花の名前はわかっていなかったのですが、ネットで調べていくと、どうやらナタネタラビコのようです。タラビコの仲間はオニタラビコ、コオニタラビコ、ナタネタラビコなどの種類があるようですが、今回の花はたぶん、細い茎なのでナタネタラビコではないかと思います。調べていけばたどり着くのは助かります。そうそう、同じような花で少し大きい先日のタンポポっぽいのは、「ブタナ」であるようです。


関連記事

コメント

非公開コメント