6月の 夏の気配か 蝶トンボ


先日の少し遠出した公園ですが、カマキリの他にも昆虫を少し見つけることができました。小さな公園だとあまり見かけないか、見かけてもとても撮影距離まで近寄れないことが多かったのですが、ここなら色々チャンスがあります。

シジミチョウ 2020年5月
OLYMPUS E-M5II M.ZD 40-150mmF2.8Pro(150mm+デジタルテレコン F4.5 1/800 ISO 200)

まずはナズナに止まっていたベニシジミチョウです。本来ならシジミチョウもあっちこっちで見かけても不思議はないのですが、関東ではさすがにあまり撮影のチャンスはないかな…。この時は蜜を吸うのに夢中になっていたみたいで、そこそこ近寄ることができました。まぁ、こうした昆虫はさすがに40-150mmの威力がモノを言います。テレコンつけてても良かったかも。

トンボ2020年5月
OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(100mm+デジタルテレコン F4.0 1/500 ISO 200)

そして帰り際に見つけたのがトンボ。このトンボ、シオカラでしょうか…地面にピタリととどまったまま動かなくなりました。飛んできたのは見ていたし、こちらが動くと、少し反応をするので「生きてるよなぁ」と少し不思議に思いながら、じわじわと近づいて撮影します。めいっぱい近づいたところで、カメラから目を離して顔を上げると、自分の顔のすぐそばに蚊が飛んできました。うわ、やだなぁ、と思って顔を振ったその時、トンボが反応して飛び立ちます

ああ、ここまでか、と思ったその瞬間、トンボがこちらに向かってまっしぐら!

うわ!?何?と思ったか思わないかその時、蚊の飛んできた(と思われる)顔のすぐそばをかすめて、トンボは飛び去っていきました…。

たぶん、この蚊に反応(&捕獲)したんだろうなぁ。すごいぞ。

関連記事

コメント

非公開コメント