開ききる 最後の力の その後で


蓮の花は何日かに分けて咲いたりしぼんだりした後、最後に花弁が落ちて終わりになります。でも、その花が落ちる直前でしょうか。開ききった花弁はそれぞれが全方位を向いてなかなかダイナミックな形になってくれます。

開ききる蓮 2020年7月
OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(66mm F4.0 1/2000 ISO 200)

植物園の蓮は色んな種類があるのですが、同時に咲いている花はそれほど多いイメージではありません。でも、その分色んな状態の花があって、こんな風に開ききった花を見ることもできました。

ただ、花弁が少しだけ残った花というのは意外と見ることができません。花弁が落ちるのはあっという間なんだと思います。花弁が散る直前、全身の力がほとばしるような形のこの花が、撮っていても力をもらえるような気がしました。

まだ、梅雨が明けてくれません。当面星ネタが撮れそうにないんですが、少しでも晴れたらなんとか星を見て、夏を待ちたいと思います。

関連記事

コメント

非公開コメント