雨の間に 互いの向きと 色を知り


4連休の中日に行ってきた植物園、例によって梅雨の合間を縫っての訪問でしたが、幸いこの日は雨が降ることも無く、しっかり撮影できました。まぁ、時間もあまりなかったので、どこまで「しっかり」と言えるかは微妙ですが(^^;

2輪の蓮 2020年7月
OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(25mm F4.0 1/2000 ISO 200)


多くの種類を鉢植えしている関係もあって、蓮の花そのものは多いのですが、同じ種類の蓮が同じ視野に複数咲いているのを撮れる場所はそうそうありません。つぼみだけとかなら、まだ少しあるのですが、こんな風に咲いている花を一度に撮影できたのは、2~3か所だけだったかと思います(探せばまだあったかもしれませんが)。

しかもこの蓮、内側の花びらが細く独特で、その複雑な形状が二つ並んで、しかも背景が結構暗くできたのでなかなか不思議な雰囲気を作ることができました。もっと太陽光があれば、背景の緑が浮き立ってまた違った雰囲気もできたかもしれませんが、この日はこの辺までです。




それにしても晴れません。この4連休、新月期に重なっていることもあって、ネオワイズ彗星はじめ、遠征できればかなりの撮影がこなせたはずなんですが…4日間もあってもほぼ何もできず…ここまで晴れなかったというか、撮影できなかったのは2012年以来ではないかな…8年前ですが、この年は4月にじっくり撮影できた後、次にしっかり撮影できたのは10月でした。今年もこんな調子になるのかな…せめて8月は晴れてほしぃぃい

関連記事

コメント

非公開コメント