たわみかな ずれる向きにも何かある?


こんばんは。週末はどうも雨っぽいので、少し凹んでる玄です。

せっかくなので、本日は少し趣向を変えて、撮影結果からの解析にチャレンジしてました。
結論を言えば、慣れないことはするもんじゃありません…(^^;;

今回、達磨への遠征で結構な枚数を撮影しましたが、撮影対象によっては、2分露出でも結構星が伸びるぐらいずれました。

スタックしてブログに載せるぐらいまで縮小してしまうと目立たないのですが、個々には問題なくても強調していくと縮麺ノイズとして目立ってくるので、露出時間を伸ばすのも含めて、できるだけズレを小さくしたいと思います。

ちなみに、どれぐらいズレているか、星に合わせずそのままスタックして強調すれば、おおよそ分かります。細かい計算は苦手なので定性的にしか判断しませんが、原因を探っていくうちに必要になるかもしれません。ズレの方向を確認するため、8枚撮影したうちの7枚目を抜いてあります。切れ目がある側が撮影の最後になります。その星がずれる方向と傾向から、何らかの対策を引き出そうという魂胆です。今のところ玉砕してます…

ガイドずれ具合2020年8月達磨 NGC6888
Canon KissX9(HKIR) Orion CarbonSTD300mm+SkyWatcherF4コマコレ(1200mm F4.0 120sec x7 ISO 3200)
Vixen AXJ赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整 等倍。以下同じ。

先日のNGC6888だとこんな感じの結果になります。結構ズレてます。上を北にしてありますので、星が東に(そしてわずかに北に)向かっていることになります。すなわち、筒が西に向かうようにズレてるということになります。赤道儀の追尾精度としては、ステッピングモーターであることや、ピリオディックモーションはエンコーダーも付けているので問題無いと考えます。

となると、他の要因としては

1.極軸のセッティング及び精度
2.赤道儀周りのたわみ(三脚含む)
3.アリ溝、アリガタ周りのたわみ
4.筒そのもののたわみ
5.フォーカサーからカメラ周りのたわみ
6.誰かの呪い

などが考えられます。1の極軸のズレであれば、一般に南北方向のズレとして出てくるはずです。3.~5.のたわみであれば、筒を向けている方向に寄ってたわみの向きなどが変わってくることが予想されます。6.は…一人で撮影している時は考えないことにしています(^^;

当然、原因によって撮影結果や、行うべき対策は違ってきます。
では振り返ってみましょう、と言っても、今回撮影した対象のほとんどが西空のもので、違いはあまり…ないはずです。

M4のずれ具合
ガイドずれ具合2020年8月達磨 M4

最初に撮影して調子の良かったM4は、ほぼ南中直後だったと思います。量は違いますが、東に向かってますね。筒は西に向かってずれてる感じです。ん?改めて見ると南にもずれてますよね。でも、こんな風に南の空ならずれは少なかったっけ?と思ってM22を見てみると…

M22のずれ具合。おお、比較的マシだ。
ガイドずれ具合2020年8月達磨 M22

結構いいですね。南の低めの空だとあまりずれないのかも。でも、やはり星は東にずれてます。

もう少し北の方だとどうなる?。と思って、少し北より、時間的には西よりになってきたM17の場合を見てみました。

M17のずれ具合。むむ?星が北に向かう成分が入っている。
ガイドずれ具合2020年8月達磨 M17

これを見ると、北東に向かって星がずれています。すなわち、筒は南西に向かっているわけですね。カメラの位置は常に赤道儀の内側、この場合は東側に付いてます。そのバランスが影響しているのは考えにくいのですが…
とにかく、南北成分が入ってきました。東の空だとどうでしたっけ?

M33のずれ具合。ちょっと違う?
ガイドずれ具合2020年8月達磨M33
この日、ギガントで東向きで撮影したのはM33でしょうか。比べてみましょう。今度はそれなりに南向き成分があります。東西で言えば星が東に、すなわち筒がやっぱり西にズレてる感じです。北西に向かってずれている状態でしょうか。

最初、M33のずれる方向を勘違いしてて、西向きでも東向きでも同じ?と思ってたのですが、改めて比較してみると、筒の向きで南北方向のずれが違っています。ただ、いずれの場合はも星は東向きに、すなわち筒は西向きにずれてます。

…ということで、今回はここまでで思考が止まってしまいました。既にオーバーヒートです(^^;。南北成分の違いは極軸回りなのかな、という気もしますが、常に星が東に向かうのは何かが違う…今のところ、同じ方向にずれる傾向がある、という事は、不動点よりも下でたわむか、沈下しているのかもしれません。そういえば地面は砂利だったような気がする。

分かる人が見れば、「何やってんのー、ホラ、あれとソレだよあれ。」となるかもしれませんが、ここまでガイドを詰めたことが無いので、よくわからないのが実情です。「こんなことで悩んでないで、オートガイドすれば?」、となるかもしれませんが、やっぱり基本はTNKでやりたんです。

さて、真相は…?

関連記事

コメント

原因

まろたん
接眼部のたわみに1票

Re: 原因

茶米 玄
まろたんさんどうも~。投票ありがとうございます(^^;

接眼部のたわみだとすると、一般的にはカメラの重量に負けるような動きをするはずですので、
西側だと西向きに、東側だと東向きにたわんでいくのかな?と思ってるのですが、そこは違うようです。
ただ、回転方向に力がかかると…この辺は、まだ解析してません(^^;

固定物を撮影してみたらわかるのかなぁ?
非公開コメント