まぶしさと 火星の赤さに 改めて


本日、10月6日は火星の最接近の日でした。天候的に少し不安もあり、一時期曇ってたのですが、なんとか撮影に成功しました。
火星を狙うギガント 2020年10月6日

一眼レフでも拡大撮影をしてるのですが、今回はCMOSカメラの設定を色々変えて撮影もしてます。火星の模様的には早い時間の方がいいのですが、高度の関係もあり、後の時間で撮影した方がいいシーイングでいい結果が得られています。

今回特に注意したのが、シャッタースピード。土星とかの暗い惑星ならとにかく、最接近の火星はまぶしいぐらいで、かなり早いシャッタースピードが取れます。ぶわんぶわん揺れてる火星を撮るのであれば、ゲインを下げてシャッタースピードを落とすより、多少ゲインを上げてでもシャッタースピードを上げた方が良い結果が得られるようです。

また、撮影枚数も今回から2000枚まで増やしてみました。そうして、30%程度の良像までとした方が良い結果が得られるようです。

色々試して比較的良くなった結果がこちら。

最接近時の火星 2020年10月6日 ギガント+ASI183MC
ZWO ASI183MC Orion CarbonSTD300mm+GSO2倍バロー(拡大率まだ不明 600/2000カットほど GAIN60)
Vixen AXJ赤道儀 AutoStakkert!3+Registax6+IrfanViewで調整

この後も撮影しているので、もう少し良い結果が出てくるかもしれませんが、とりあえず火星最接近の夜の画像速報ということで、載せておきます。

火星はこれから昇ってくるのが早くなるので、西側の星見台から撮影した方がいい季節になってきます。木星はもう終わりかけているのですが、色々コツを覚えてきたので、あと何回かチャレンジしてみたいですね。惑星撮影も面白くなってきました。


関連記事

コメント

非公開コメント