見上げつつ 赤と黄の葉に 魅せられて


近所の公園の紅葉シリーズ、3つ目の公園の後半です。

本来行くつもりのなかった公園に迷い込んでしまった(^^;この時ですが、ケヤキの他に、プラタナスの様な大きな葉の木が紅葉していました。順光が当たっている状態ではそれほど目立たないのですが、太陽を透かして見る逆光状態では、染まった葉が透けて見えて、それはまぁ、まぶしいぐらいの美しさでした。逆光なんでまぶしいのは当たり前なんですが(^^;;

近所の公園3つ目の紅葉その2
OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(16mm F4.0 1/1600 ISO 200)

とにかく背景が青空なんで、どこを切り取っても絵になります。それでも、影の部分を多くしてしまうといまひとつ面白くありません。なるべく枝の影を作らず、それでいて葉が透けて見える部分が多くて、かつ青空も見えて…となると、なかなか思うようなカットになってくれないんですね。時間帯が違えば、また違った顔を見せてくれそうですが、そんなにしょっちゅうは来れないし、こんな天気は二度とないかもしれませんので、一期一会のタイミングでした。

近所の公園3つ目の紅葉その2
OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(12mm F8.0 1/250 ISO 200)

この木、なんか不思議な葉の形をしています。単純に3つのとがった部分があるのなら、バフウとか桐とかプラタナスとか、そういった木だとは思うのですが、この葉は先端が切り取られたような形をしています。なんかあまり見たことのない葉でした。この公園は、わざわざ訪れることは少ないのですが、近くを通ることは時々あるので、この木そのものも見ているはずなんですが、葉の形にまでは注目していませんでした。こんな風にクローズアップで撮影することも無ければ、気が付かなかったかもしれません。面白い発見でした。

近所の公園3つ目の紅葉その2
OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(100mm F4.0 1/2500 ISO 200)

関連記事

コメント

非公開コメント