届いたのは かように巨大な 6cm


いえ、まぁ、大きいわけではなくて比較のビクセンガチャが小さいだけですが(^^;

さて、年末、クリスマスシーズンです。

マクシー導入! 2020年12月

クリスマスにはまだ少し早いのですが、クロネコヤマトのサンタさんが、こんなの届けてくれました。
…ごめんなさい。そうです。シュミットさんのウィンターセールに負けました(^^;

この他にも、負ける原因となったステライメージ8も頼んでいるのですが、それはまだのようです。クリスマスのお楽しみのようです。

元々、MAKSYはキット価格で税込み12,800円で、安いとはいえ、そこそこします。この値段だと、もう少し足して、SkyWatcherのMAK90G(9cmF13.9):税込み18,480円 を買った方が色々応用が効くし、口径もあるのでいいじゃん、と思ってたんですね。ただ、当面、一般的な観望会もできないし、優先順位は低いかな…という状況でした。

しかあし。ウィンターセールで箱無しの限定品がなんと3割引き。箱は無くても到着した製品は梱包用の切り分けたスポンジにしっかり入っていたので、使用方法を考えたら全然問題ありません。もともと「欲しい!」と思ってたので、ついつい手がポチッとな…あ、あれ?ついでに何かバージョンアップ前のステライメージが大特価でポチッと…

…ということでした。
まだほとんど見てませんが、第一印象は「思ってたよりも少し大きくて重いな」ということです。ほら、R200SSと比べてもこんなにも…もういいですか(^^;;

やはり面白いのはその内部構造丸見えシステムでしょう。アイピースも普通のものもついているのですが、この学習用のキットは中身が見えるようになっているし、天頂ミラーも見えるようになってます。それでいて性能は結構よさげです。半分手持ちですが、近づいた土星木星を見てみたら、結構いけました。

この大きさなら、カバンにいれてどこにでも持って行けそうです。楽しいおもちゃ、サンタさんありがとー(をい

関連記事

コメント

非公開コメント