ほの暗き 紅葉の小路の その先に


紅葉狩りをしに訪れた庭園ですが、モミジは立派に色づいているものの、いかんせん天気が悪すぎました(^^;。露出を色々変えて工夫はしてたつもりなのですが、全体的に露出不足は否めず、なんだかなぁ、な結果が量産されています…。

広がるモミジを見上げて 2020年12月
OLYMPUS E-M5II LUMIX G VARIO 7-14mmF4.0(7mm F6.3 1/100 ISO 200)

こちらはモミジの木が多く、見上げてもなかなか見ごたえのあるエリアでした。雰囲気的にはもう少し明るい感じなのですが、そのままだとどうしても空に引っ張られて暗めに写っていました。ファインダーだともう少し明るく出てたんだけどなぁ。ブログにアップするため、かなり明るく補正して、かつ色も出してますが、元の写真は、まぁ地味なこと…なかなか難しいところです。それでも、少しはにぎやかな感じがわかるでしょうか。
こんな風な写真を撮るつもりでいたので、今回は久々に7-14mmを引っ張り出してみました。最近、夕日と海の写真とかがあまり撮れないので、この超広角を使う機会が減ってるんですよね…。

紅葉背景のバラ 2020年12月
OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(75mm F4.0 1/160 ISO 250)

庭園の奥の方に、ちょこっとだけバラが咲いているエリアがあるのですが、そことモミジの道が重なっているので、背景に入れてみました。が、ちょっとボカしすぎかな(^^;。言われないと、背景がモミジ、ってわからないですよね(^^;;しかも少しくすんでるし…。

ということで、まだまだ撮影はたくさんしてるのですが、見栄えするのがあまりないので、あと1回ぐらい紹介したら終わりにしてしまうかもしれません。やっぱり天気の良い時に行きたいなー。

関連記事

コメント

非公開コメント