風の色 春に変わるまで あと少し


 というわけで、白梅も撮影してきました。こちらは背景に黒い所が無かったのもあるのですが、花びらが透過して明るく見える白梅や桜では青空バックというのが映えますね。ただ、この日は風が強くて、花びらが開ききっていなかった紅梅に比べるとかなり開いていた白梅は、その花びらが風にあおられて思ったような形になってくれないし、枝もぶんぶん振れてまともに撮影できそうにありません。風が収まるのを待ってなんとか形になりました。それでも花びらの形に強風の感じが見て取れるでしょうか。ISOが400になっているのは実はこの前に室内で撮影してた影響で、この場面ではシャッタースピードをかせぐ、というほどの意図はありませんでした。30Dだと、ISO400にした影響はほとんど無くて、こういう時は便利に使えます。E-330でも400までなら結構手放しで使えるのですが、やはり暗部ノイズは増えてきますし、コントラストが若干上がるような感じはしてきます。ただ、こんな青空だとやっぱりオリンパスかなぁ、という気もします。近所のカメラ屋さんでは今までぴくりとも動かなかったE-3の値段が、下取り前提で少し動きを見せ始めたので、3月に入って決算時期になってきたらそろそろ購入を企んでみようかと思ってます。青空の感じを出すために例によって彩度とコントラストをいじってます。
Canon EOS30D EF-S17-85mmF4-5.6 IS USM(85mm F5.6 1/2500sec ISO 100)

関連記事

コメント

No title

しんきろう
設定をいろいろいじっているのですね。彩度、コントラストを変えて写してみようかと好奇心があるのですが、どうしても、外のソフトに頼ってしまいます。

No title

いえ、その、コントラストをいじっているのはPCソフトでやってたりします(^_^;)。しかも、専用のレタッチソフトを立ち上げるのは面倒なので、ビューワーであるIrfanviewでやってたりします。
カメラ側でも購入したときは試行錯誤してたりするのですが、結局はシャープネスを少し押さえるぐらいで、後はほとんどデフォルトの設定で撮影してたりします。本当はシーンに合わせてセレクトできればいいのですが、面倒なので…(^^;;
非公開コメント

トラックバック