見上げては 広がる緑に いやされて


こう雨が続くと、だんだん外に出るのもおっくうになってきてますが、それでも毎日ずーっと雨かというと、そうでも無くて降っていない時間帯も結構あるんですよね。

Cセコイヤを見上げてみる 2021年7月
anon PowerShotG5XmkII CanonZoom 8.8-44mmF1.8-2.8(8.8mm F1.8 1/1000sec ISO 125)

日によってはそんな時間帯に散歩することもできるのですが、こちらはそんな日に近所の公園に行って撮影してみたセコイヤの木です。新緑、というには既にだいぶたってしまっているのですが、光を透かして見える葉の色はいいものです。これだけ細かい葉の形だと、レンズの性能とかも如実に見えて来て面白かったりもします。

このカメラ、まだ星空撮影に使えていないのでなんとも言えませんが、この画像を見る限り、周辺部ではパープルフリンジが出ているので、星空撮影をしても周辺部の星が流れるんじゃないかという想像はできます。後はそれがどれぐらいか、ということですね。

実際に試してみることができるのは梅雨明けになるんでしょうが、この週末に一瞬でも晴れるのであれば、自宅からの星空で少し試してみたいとは思います。

本当はこれだけ天気が悪いのだから、今のうちに過去の撮影した写真を色々確認して、メシエ一覧的なものを作ろうと思っているのですが、気が付けば梅雨が終わりそうになってきています。まぁ、いつものパターンと言えばそうですが(^^;


関連記事

コメント

非公開コメント