サイトロン 使い勝手は いかほどか (令和TNK その3)


こんばんは。玄です。
安さにつられて買ってしまったTNK用機材(として使えるか!?)の、SkyWatcher スタークエストP130Nですが、実際に組み上げてみました。まだ撮影とかに使っていないので、見え味や追尾精度等はこれからですが、とりあえずファーストインプレッションをば。

宅配便でやってきたスタークエスト130Nですが、結構大きな箱です。先日のあんみつ(猫)と比べていただければ、その大きさがだいたい分かると思います。ただ、口径13cmの反射赤道儀一式が収まっていると考えれば、そこそこコンパクトではあります。

スタークエストP130N 段ボール開梱

中身は三脚と筒の箱が大きくて、ずっしり来る箱が二つ。ウェイトと赤道儀本体です。ずいぶん細かい箱が多いな、と思ったのですが、実は二つはスペースを埋めるための空箱でした(^^;

組み立ては難しくありません。丁寧な取説も付いていますが、赤道儀の仕組みを知っている人なら、マニュアル無しでも簡単に組み上げられるでしょう。ちょっと特殊なのは、赤道儀のクランプぐらいでしょうか。これはケンコーのスカイメモとかと同じなので、一度でも使ったことがあれば難しくはありません。

スタークエスト130N + アップグレードキット組んでみた

赤道儀は専用の三脚にしか取りつかないタイプですが、ネジ1本で下から締めるタイプなので、難しいものではありません。ただ、取り付けていて気が付きました

赤道儀極軸調整用の水平微動がねぇ…

垂直方向も微動は無いに等しいのですが、サポートのための押しネジがありますので、これが実質垂直微動の役割を持ちます。ただ、水平方向には微動機構がありません。ま、まぁ、元々眼視向けでしょうし、方位と高度をてきとーに合わせれば、そこそこOKの精度しか考えられていないでしょうから、これはこれで納得の仕様なのですが、撮影しようとすると後で少し厳しくなるかもしれません。

鏡筒との接合部はアリミゾです。取り付けのネジがちょっと頼りないのですが、そもそも重い筒は載せない仕様なので、こんなものなのでしょう。カメラネジが無いのが少し残念ですが、鏡筒バンドの上に1/4ネジが一つ付いてますので、そこでカバーできる仕様になっています。

で、メインの鏡筒です。ファインダーは等倍のレッドドットファインダー。個人的にはちょっと苦手な部類ですが、ファインダーの取り付け台座がビクセン互換のアリミゾ式なので、通常の6倍とか8倍の光学式ファインダーに交換しようと思えばできます。

スタークエストP130N 接眼部とファインダー

筒の材質は…磁石を持ってくるとくつつきました。鉄板です。軽いので厚みは知れてると思いますが、色んな意味で安心できる素材ですね。

スタークエストP130N斜鏡

筒の前後の黒い部分は、いかにも、なプラスチックです。斜鏡のサポートや、ミラーセルはまだ分解していないので分かりませんが、この辺もプラである可能性があります。斜鏡のスパイダーは3本式。撮影するとスパイダーが6本出てくるタイプになるわけですが…この辺、どうなんだろう。一見、光軸調整用のネジ穴っぽいのが見えますが、メスネジが入っているだけで、調整はできそうにありません。ただ、主鏡を見ると、きちんとセンターマークが貼ってあります。

ミラーセルは…と思って筒の底を見ると、何やら文字が円形に書かれています。なになに…
スタークエストP130N 裏蓋
「The primary mirror is always collimated in the factory before shipping」
 (主鏡は工場で出荷前に合わせてあります)

…それはいいのですが、光軸調整用のネジ類が一切ありません。…なぬ?ということは光軸等が狂ったら簡単に修正する術は無いのか?。それとも狂わない、という自信か?
まぁ、この辺色々機構を取り付ければその分コストアップになるのは間違いないので、難しいところです。
ただ、これ、「光軸は合わせてあるからいじるな」、とも取れます。ほほぉう。それなら、確認するしかあるまい。コリメーションアイピースを持ってきて覗いてみます。主鏡にはセンターマークが貼ってある(きちんと中央に貼ってあるかどうかは未確認)ので、割と簡単に確認できます。


… おもいっきりズレとる orz



イメージとしては、主鏡というより、斜鏡の方がずれてる感じですが、いずれの鏡も動かせないので現時点ではなんとも言えません。ある程度確認できるところまで行けば、どこかで光軸修正方法を考えなければならないでしょう。とほほー。

さて、鏡を正面から眺めてみると、爪が3つ見えます。この向きは斜鏡サポートのスパイダーと一致…  してる? いずれにせよ、撮影画像に影響が大きいようなら、必要に応じて調整が必要かもしれません。

外観を見ると、アリガタプレートと鏡筒バンドはそれなりのものが使われているようです。バンドを緩めての筒の回転もスムーズでしたので、見てみるとフェルトが貼られていました。こうしたところもそれなりにコストがかかると思いますので、よくこの価格に抑え込んだなぁ、と感心してしまいます。逆に言えば、パーツ取りにいいかもしれません(ヲイ

カメラを取り付けて撮影する上で、とっても気になるのが接眼部です。あぷらなーとさんも80mmの屈折望遠鏡で確認していますが、同じように接眼部を出し入れすると「めりめり」という感触があります。ガタ防止にプラダンが挟まれているようで、その辺の効果のようです。確かにガタは少ないのですが、いかにも安いドロチューブで、プラっぽい(いや、プラスチックの)感じがします。また、筒外接眼部は長めで、(短い側への)調整代もあまりなさそうです。カメラを付けてピントが出るかは微妙だなー。とりあえず31.7mmのスリーブ-Tネジのアダプターを持ってないからそれを買わねば…と思って気が付きました。
スタークエストP130N 接眼部は外れる

接眼部は2本ネジで接眼レンズを固定する形なのですが、この固定リングの接眼側にネジが切ってあります。これって…。Tリングをかましてみると、しっかり入りました。これなら、(向きはとにかく)Tリングを用意するだけで直焦点撮影ができるはずです。後はピントが出るかどうかですね。ピントが出なければ光路を短くする必要があるのですが、この黒いパーツは外すことができます。ただ、ドロチューブはプラで、更にφ39mm程度のピッチの粗いネジなので、合うアダプターは無いかもしれません。

スタークエストP130N 付属アイピース

接眼レンズは2本、25mm(26倍)と10mm(65倍)が付属しています。惑星を見るにはもうちょっと高倍率も欲しかったかな。amazonだと4mm(162倍)がおまけについてくるので、それが正解かもしれません。アイピースを覗いてみると、比較的広角っぽいので視界は広いのですが、とても「Long Eye Relief」とは思えません。10mmはゴム味口を折り曲げて裸眼で覗いても周辺部まで見るのは一苦労します。レンズ間のつや消しがてきとーで、結構迷光を拾いそうです。ま、この辺の品質はあまり突っ込んでもしょうがないので、また実際に見た時のインプレッションをしますね。

そして、本体を組み立てている間に、別途発注していた「アップグレードキット」が届きました。要はスタークエスト(と、AZ-GT AVANTE)専用のモータードライブです。取り付けは簡単っぽいのですが、一応詳しく書かれた取説が付属してますので、読みながら進めます。
モータードライブ底面はスチール板みたいで、わりとがっしりしています。取り付け前に、赤道儀の赤経微動ハンドルの根元にある「ゴムカバーを外してください」、とあります。え?そんなのあったっけ?と思ったら確かにあります。ただ、取り付けてみても、このカバーが邪魔になる感じはしません。外したカバーをどうしようか、と悩んだのですが、反対側の根元にはカバーが無かったので、そちらに付け直しておきました。
ドラゴンモータードライブ取り付け部のゴム

取り付けは、2本の六角ネジで本体に付けて、その後微動ハンドル部分にイモネジで固定するだけです。微動ハンドル部分の固定はちょっと苦労するかもしれません。単三電池2本で動きますのでお手軽ですが、外部電源には対応していません。まぁ、やろうと思えば方法はいくらかあるでしょう。

クラッチがねじ込み式なんですが、「強く締めたり、緩めすぎたりすると壊れます」とある。ただ、結構な締め代があるので、どれぐらい締めたり緩めたりするのが正解なのか正直良く分かりません。後は動かしてみて感覚を掴むしかなさそうです。

緑色でデザインアクセントにもなっている目盛環は、赤経側はガバガバで、どれだけ役に立つか未知数です。使う人、いるのか…?。それよりも赤緯側は、鏡筒で北極星の導入をするなら必須(まぁ、筒が垂直のポイントに印を打つだけでもいいのですが)なので、こっちがしっかりしていればと思ったのですが…。よく見ると、数値がなんか変です。
筒を北極星に向けたところで、矢印が示す部分がほぼ「0度」を示しています。で赤道付近を向けると90度…逆じゃん!?

この赤緯側の目盛環はしっかり固定されているので外すこともできません。どないしょー?
思いついた方法は、北極星を向けた所で、90度のところに別の「印」をつけること。今後はそれを読めば、それっぽい緯度になるはずです。

…ということで、本日はここまで。他にもまだ懸念点は色々あるのですが、後はカメラを付けてのピント出しと、追尾精度の確認をしてみて…と、いろいろやって見てからになると思います。いや、眼視もやってみたいよなー。しかし、来週までは天候が回復しそうにありません(涙

※8/14追記:ずいぶん誤字が多かったので修正しました。まだ残っているかも…

関連記事

コメント

非公開コメント