雲越しに 赤く怪しく 大部分月食 (2021年11月19日ほぼ皆既の部分月食)


こんばんは。玄です。

昨日は観測に成功した「ほぼ皆既」の「大部分月食(造語)」でしたが、皆さん続々と赤い月を紹介しているので、当日はあえて赤い月を載せるのは避けました。
でも、皆さんが月食写真を上げているのを見ていると、我慢できません(^^;

ほぼ皆既の大部分月食を起こした地球の影を再現 2021年11月
Canon EOS80D BORG 107FL+マルチフラットナー(648mm F6.0 1-1/1000sec ISO 400-800)
iOptron CEM25EC赤道儀PaintShopProとIrfanViewで調整

写真は本日頑張って編集し、地球の影を「それっぽく」演出した写真です。時刻や月の位置は正確にはあわせていませんので、あくまで「それっぽく」というものですが、そこそこの形にはできました。月食の前半は低空で雲も厚く、あまり撮影できていませんし黄色くなっていますが、後半はそこそこ高度も上がってまずまずの撮影ができました。


さて、当日は5時前から月が上がってきて、月出帯食ということもあり、当然のように?お休みをいただいていました。しかし、予報通り天候が思わしくありません。5月の時の様にほぼ見えない状況になる可能性もあります。なんせ金星食で天候運を使い切ってしまった可能性もあるので、今回晴れたら、それこそ何か起きそうです(^^;


天気予報としては、可能性がそこそこありそうなので、あまり期待を持たないようにしながら、とにかく準備は進めます。遠出してもあまり変わらなさそうなので、前回同様、近所の公園に陣取りました。

機材はいつもの光圀さん(BORG107FL)+まる子(CEM25EC)で、カメラはノーマルなEOS80D。月・太陽撮影では鉄板の布陣です。後は、公園ですので近所の方も来ることがあるかな、という意味も含めて、観望用に先日の小海で衝動買いしたVOYGER80MAC(80mmマクカセ)を、スタークエストの赤道儀に乗せて持っていきます。これ、本体が軽いので、眼視で手動動作なら、ウェイト無しでも十分行けます。軽々と持って行けるのでお手軽観望にはもってこいです。

4時半ぐらいには展開できて、月が上がって来るのを待ちます。かろうじて見え始めましたが、やはり低空は雲が厚くてなかなか見えません。そうこうしているうちに雲の向こうに見えなくなりました。月に向かってISSが飛んでいくのは見えましたが、月はしばらく見えそうもありません。今回もダメか…

と思っていたら、雲が薄くなり、次第にクリアに見えるようになりました。かなり欠けてきた月は思っていたよりも赤く明るくて、皆既月食だったとしたらかなり明るい月食になっていたんじゃないかと思われます。いや実際、深い部分月食状態の時は、常に月が赤く見えていました。

月食を迎え撃つ公園で 2021年11月
撮影風景。左がBORG、右のシルエットが80mmマクカセ。地面が緑色なのは、公園の水銀灯の影響です。
Canon PowerShotG5XmkII CanonZoom 8.8-44mmF1.8-2.8(8.8mm F1.8 1/20sec ISO 3200)


それにしてもひっきりなしに雲がやってきます。時折月の形も分からなくなりますが、それでも常に隠れているわけではなくて、時々クリアな月を拝むことができます。食の最大前後でも撮影ができて、後は月が満ちる20時頃まで、5分おきぐらいにだいたい月を撮影することができました。

現場では公園ということもあり、特に前半は何名かの子供さんや親子づれ、犬の散歩をされてる方など、人はそこそこやってきます。何名かの方には声をかけて、8cmマクカセで月を覗いてもらいました。ただ、今回の接眼レンズが15mmということもあり、ちょっと倍率は高めだったようです。今回の月食だと、双眼鏡の8~15倍ぐらいが眺めてても気持ちよかったんじゃないかと思いました。

ほぼ皆既の大部分月食をスマホでコリメート 2021年11月
それでも、スマホでコリメートしてみると意外と良く写ります。最近のスマホの威力もありますし、今回の月食は明るかったという事もあるかと思います。食分最大の「大部分月食」状態でも、こんな風に撮れました。暗いので解像度はありませんが、「それっぽく」撮れたのはなかなか面白い状況でした。

ということで、撮影終了後にはカメラのバッテリーも赤道儀のバッテリーも(またかよ)ほぼ空の状況で、無事に観測することができました。いやぁ、これで今年の晴れの運は使い果たしたかも(ヲイ
まぁ、この後元気が残っていればレナード彗星の撮影とかもしたかったのですが、さすがに体力も使い切ってしまっていました。天候にもよりますが、レナード彗星はもうまともに撮ることはできないかもしれませんが、いいんです。この11月は金星食も月食も見ることができて、小海にも行けて、相当充実してました。
新月期にうまく晴れなくて遠征こそできていないのですが、こんなに充実した一か月は(まだ10日ほど残ってますが)もう来ないかもしれません…って、何かのフラグですか(^^;

関連記事

コメント

非公開コメント