晴れの日に 富士を目指すも 風も吹く


おはようございます。玄です。寝不足です(^^;

昨夜、5日土曜日の新月期は天候もそこそこ良くて、皆様各所に遠征に行かれたようですね。私もここしばらくはしっかりとした遠征撮影ができていなかったので、行きたくてむずむずしてました。

晴れるなら、がんばって西伊豆とかに行こうか、それとも皆さん行かれているであろう天城デビューをするか、色々考えたのですが、どうも風が強そうです。風があると主砲ギガント(オライオン30cmF4カーボン)はあきらめなければなりません。が、ここで星仲間から、旧ガリバー付近なら比較的風も少ないはずだよ、と連絡が入ります。GPVを見る限り、確かに風がぐるっと回って他よりは落ち着きそうな気配です。これは、行くしか!

ということで、実は富士山近郊への遠征は初めてでしたが、星仲間もいてくれるというので、安心して?行ってみました。行ってみると、富士山ふもとはところどころに除雪の跡が残るなど、なかなか寒そうです。車はスタッドレスですが、もちろん安全運転で向かいます。

雲と風の歓迎される光圀さん
風と雲に迎えられる富士山麓 2022年3月
Canon PowerShotG5XmkII CanonZoom 8.8-44mmF1.8-2.8(8.8mm F1.8 10sec ISO 1600)

到着してみると、風と雲が結構あります。雲は22時過ぎから晴れてくるという予報でしたので晴れている部分をねらいつつ準備を進めます。

…が、結論を言うと、風はほとんど収まりませんでした。夜半前後に少しだけ風がおだやかになりましたが、それ以外では風がそこそこあって、ギガントを展開はしたものの、ほぼ撮影出来ないままになってしまいました。

…こんなこともあろうかと!

まぁ、いつものパターンですが、風があっても撮影出来そうな光圀さん+まる子(BORG107FL+CEM25EC)をスタンバイしていました。トラブルはそれなりにありましたが、なんとか撮影はできています。

…しかし…

とりあえずハデなのを狙ったM8
低空で星像アマアマなM8 2022年3月
Canon KissX9i(HKIR) BORG 107FL+マルチフラットナー(648mm F6.0 120secx12 ISO 1600)
iOptron CEM25EC赤道儀ノータッチガイド ステライメージ9+PaintShopProとIrfanViewで処理

星像がむちゃくちゃ甘いんですね。最初は先日のレデューサーを付けた関係で付け外ししたフラットナーがなんかおかしなことになっているのか?とも思ったのですが、少しバックフォーカスを変えてもほとんど変化ありません。まだ何か問題が残っている可能性はありますが、後は当日のシーイングの問題でしょうか?ピント合わせのライブビューではそれほどゆらゆらしているわけではなかったんですが、なんとなく星像が大きい気がしてました。まぁ、低空は春霞と大気のゆれでひどいことになってましたが…。

ということで、最後に半分やけくそ?で「こーなったら、とにかくハデなのひとつ撮ってやる」と、上がってきたばっかり?のM8を撮影してみました。低空ということもあってシーイングも悪いので星像はアマアマです。まぁ、3月初旬のM8ということで、楽しませてもらいました。

OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-40mmF2.8Pro(27mm F2.8 128sec×5 ISO 1600)
OLYMPUS Proレンズで上がってきた天の川 2022年3月
ケンコー スカイメモS ノータッチガイド ステライメージ9+PaintShopPro+IrfanViewで処理

上がってきたころのさそり座~M8の付近はこんな感じ。今回は星野撮影にE-M5MrakIIを使いました。前回も使ったAT-X14-20mmでも良かったのですが、昨年買ったステライメージ9を使えば、ダーク処理ができるじゃん、ということで今更ながら、ダーク処理とかを前提に使ってみようと思い立ったわけです。本日のはとりあえず処理ですので周辺減光処理と蚊少し失敗してます。また、もうちょっとガッツリ処理しようとは思います。でも、こうやってみるとやっぱりOLYMPUSのProレンズ、いい描写してます。

問題点も多かったんですが、ひさびさのしっかり遠征、始めての富士山麓、満点の星空、久々の天の川、氷点下の風ぶるぶる。次々起こるバッテリー切れ、色々経験させてもらった遠征でした。楽しませていただきました~。




…その他の結果は、満月期にかけて、ぼちぼち処理&紹介していきますね

関連記事

コメント

非公開コメント