妖精の そっと広げる 蒼い羽根


日曜日に庭先の花を撮影しましたが、ムラサキカタバミに交じって、普通のカタバミも雑草としていくつか咲いていました。カタバミがあるということは…と見ていると、そうです。シジミ蝶が時折花の間を飛んでいくのが見えました。

自宅庭に来てくれたシジミチョウ。羽を広げてくれた 2022年10月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(100mm F4.0 1/1600 ISO 200)トリミング

飛んでいく先を追いかけると、普通のカタバミの花の上に止まりました。これまで、夏の間みかけていたシジミ蝶は暑さのせいか、羽を広げることは無くて残念な思いをしてきたのですが、今回見かけたシジミ蝶は止まったあと、しっかりと羽を広げてくれました。美しく青く輝く羽が印象的です。少しずつ近寄りながら、撮影することに成功しました。シジミ蝶の青い羽根を撮影できたのはなんか久しぶりな気がします。

それでも近寄るには限界があって、写真は結構トリミングしてます。それでも、蝶本体の毛の感じもしっかりと描写されてて、レンズとカメラの描写力に助けられた感じです。うーん、いい色ですね。

一か月ぶりに出してきたOM-1ですが、やっぱりカメラをしっかり構えて被写体を狙って切り取るのは楽しいですね。次は、天体写真かなー。


関連記事

コメント

非公開コメント