ぱたぱたと 色づく葉の間を 歩くわし


晴れている間に慌てて紅葉を撮影しておこうと思って訪れた植物園、まだ少し青い葉も合ったりしたのですが、おおむね終わりかけの紅葉が迎えてくれました。

黄色い葉のモミジは、まだまだ葉が落ちる前で、下から見上げた木々は葉がぎっしりで少し暗い足元になっていました。かなりプラス露出をしてなんとか色を表現しています。

黄色い葉を見上げる 2022年12月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(16mm F4.0 1/500 ISO 200)

紅い葉の紅葉もいっぱいあります。ただ、これは紅葉しまくっているというよりは、少し色づき始めた、という状態でしょうか。

紅い葉のモミジ もう少し色は濃くなる?2022年12月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(29mm F4.0 1/250 ISO 200)

こんな風に色づくタイミングが異なる木が混ぜ込んで植えられているからか、結構長い間紅葉を楽しむことができます。もしかしたら年明けぐらいまで大丈夫かもしれません。

紅葉したモミジのトンネル風味 2022年12月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(23mm F4.0 1/200 ISO 200)

上から覆いかぶさるように並ぶモミジの木々を少し離れて撮影してみると色々な色の葉が並んでいるのが良く分かります。これが順番に色づいていくわけですから楽しめる時間が長くなるようなのも分かりますが、考え方によっては全部が一度に色づかないので、華やかさが無いかもしれません。

紅いモミジの派手な部分を狙う 2022年12月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(35mm F4.0 1/250 ISO 200)トリミング

これは、その中でも結構華やかな部分を切り取って見たものです。これぐらいハデハデな色加減で見えると見ていても楽しくなってきます。日差しも結構差し込んでいたのでなかなか楽しめました。実はこの後訪れたもうひとつの公園の方が色づきはいい感じで楽しめたのですが、それはまた、もう少し後日…。

関連記事

コメント

非公開コメント