花々も 寒さ越えてく 山茶花と


紅葉を目指して訪れた植物園ですが、さすがです。この時期になっても色んな花が咲いていました。そんな中でも特に目立つのが山茶花とバラでしょうか。

寒椿か山茶花か、 2022年12月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(80mm F4.0 1/500 ISO 200)

こちらは椿園に咲いてたので、実際には寒椿なんだとは思いますが、山茶花と寒椿は、モノによっては同じ種類だったりするらしいので、もう私には区別はつきません。見た目はほぼ山茶花なんで、もう山茶花でいいんでないかい…(^^;
とりあえず、背景に他の花を重ねて望遠でそれっぽくボカしてみました。

背景を白くして絵画的に見える…か? 2022年12月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(100mm F4.0 1/500 ISO 200)トリミング

こちらのピンクなのは、木いっぱいにピンクの花を付けていたのでずいぶんと目立っていた木でした。この花弁のスカスカっぷりはもう、山茶花でしょう(断言)。午後にかかっていたので少ししわしわになっていましたが、こちらもクローズアップで狙ってみました。他の花を入れようとすると枯れたものも多数入って来るので、白い空をバックにして絵画っぽくごまかしてみました。

けなげに咲く寒桜 2022年12月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(57mm F4.0 1/500 ISO 200)トリミング

そういえばこの時期に咲く桜もありました。10月桜と言ったり寒桜と言ったり、色々名前はあるようですが、少し縮れたような小さな花を付けて、けなげに咲いています。愛媛にいた時もこんな桜のある場所が結構あったので、意外と珍しいものではないのかもしれません。

乱れ咲く山茶花 2022年12月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(47mm F4.0 1/320 ISO 200)

こちらの山茶花もずいぶんと花を付けていました。かなりにぎやかだったので、こちらはトリミングも無しでガヤガヤした感じを出してみました。その分ちょっと焦点がブレてる感じがしますが、全体を楽しんでいただければと思います。


でっかい樹高のマリーゴールド 2022年12月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(47mm F4.0 1/800 ISO 200)

最後は黄色い花です。少し遠目に見て「お、ずいぶんと黄色い花が密集して咲いてる場所があるなぁ、キバナコスモスにしてはちょっと時期外れっぽいけど…」と思って近寄って見ます。いやなるほど、キバナコスモスに間違えるぐらい背丈のある花です。高さ1mぐらいはあるでしょうか。でも、なんか変です。見たことあるような花なんですが、大きさやにぎやかさが尋常ではありません。特に表示は無かったんですが、コレ…マリーゴールドですよね…。

いやちょっと待って、普段見るマリーゴールドはせいぜい30cmぐらいだぞ…。
…いまぐぐってみたんですが、どうやらマリーゴールドにはフレンチタイプとアフリカンタイプがあって、アフリカンタイプはこんな風にチリチリ花びらで、背が高くなるそうな。ということはこれはアフリカンタイプで、この大きさ、花の形は特に珍しいものではないのかな…。切り花に良いそうだ…なるほどー。

というわけで、植物園の今の時期の花を振り返ってみました。ああそうだ。薔薇を紹介してませんが、それをしはじめるとキリが無いのでまぁ、時間があれば(^^;

関連記事

コメント

非公開コメント