旅の先 ドライブするのも 楽しみの


今回の呉の旅行でもレンタカーを使いました。予約しておいたのはハイブリッド系の普通車、というところまででしたが、実際に借りて見るとごらんのプリウス(4代目)でした。ライトが上下繋がっている歌舞伎顔デザインですのでマイナーチェンジ前ですね。ちょっと古めの車種と言ってもいいかも。

レンタルした4代目プリウス 2023年3月

ただ、自分としては一度運転して見たかった車でもあるんですよね。4代目が出た頃に一度後部座席に乗せてもらったことがあって、ずいぶんと乗り心地いいなぁ、と感心した覚えがあります。

今回の旅行では合計200kmちょいを走ったと思う(実はトリップ確認してないので正確には不明)のですが、走りはおおむね満足できる乗り心地の良いものでした。まぁ、今もハイブリッドカーのシャトルに乗っているので
それほどの感動があるわけでもなく、まぁ想定の範囲かな、というぐらいです(^^;
それでも、高速やとびしまの山道を走ったりしても不安な挙動は全然無く、安心して運転できました。ハイブリッドの動きも良く、油断するとすぐEVモードになる辺りはさすがにTHSIIだよなー、と感心してしまいました。全体的にスムーズで、ハイブリッドカーならではの静かな走りに満足できました。

トランクはそれほど広くは無いのですが、必要十分というところでしょうか。ただ、車の大きさの割には狭い感じで、自分だとちょっと買わないかぁ、というレベルです。広さはあるんですが、高さが足りない感じかな。

運転操作に迷うところは少ない(電気シフトのパターンは今のシャトルと同じ)のですが、センターメーターはちょっと違和感が残りました。まぁ、慣れの範囲なんだとは思いますが、5代目のプリウスでやめてしまっていることを考えると、あまり評判は良くないんでしょうね。それよりも便利だったのはレーダークルーズコントロールでしょうか。高速で使うと前車に追従してスピードを調整してくれるので、うまく使えば相当に便利ですね、これ。クルーズコントロールを初めて使ったときも「なんじゃこりゃあ!」的ならくちんぽさを体感したのですが、このレーダークルーズもまたらくちん度がかなり上がりそうな機能です。ただ、プリウスはクルーズのセッティングが別レバーになっていて、これまた慣れていなかったのでちょっと戸惑いました。ディスプレイに主な機能が出るので助かりました。

少し確認して見たかったのは、うわさに聞く「カックンブレーキ」でした。ただ、これは今もう一度ネットでチェックしてみると、自分が思っていたのとちょっと違う意味で使われているものもあるようで、何とも言えないところがありそうです。私の場合、シャトルだと、停止直前のブレーキリリースができないため、「カックン」になってしまうことが多いんですね。これはシャトルがオートブレーキホールドを持っているからだと思いますが、正確には分かっていません。ただ、停止直前にちょっとだけブレーキを緩める、という動作を受け付けてくれないのは確かです(ブレーキを離しても止まってしまう)。
自分としては、プリウスも同じことが起きてて「カックンブレーキ」と言われているに違いない、と勝手に想像してたのですが、どうもそれだけでは無いようですね。

さて結論。今回乗った4代目のプリウスは前述の停止直前のブレーキリリースが効かない「カックン」は、あまり感じられませんでした。これは、半分はシャトルで「カックン」に慣れてしまっているので、少しマシなプリウスで感じなかった、ということが大きいとは思いますが、ネットで見ても「4代目はマシ」という話が結構あるので、自分の間隔は正解なんだとは思います。5代目は更に良くなっているらしいですね。

燃費は、満タン給油で8Lほどでした。200kmで換算すると25km/Lですが、前の乗車の方の満タン度合い(今回はフルサービスガソリンスタンド。セルフだと普通1~2L少な目)や、走行距離の正確性から言って、もう少し燃費は良かったんじゃないかと思います。まぁ、30kmには届かないかな。それでも、おおよそ想定内ぐらいでしょうか。荷物もそこそこ積んでいたことを考えると、それなりに凄い燃費だったとは思います。

たまにはこんな風に違う車に乗るのもいいもんですね。やっぱりレーダークルーズはいいなぁ…。

関連記事

コメント

非公開コメント