春風と 桜の空に ISS


こんばんは。玄です。桜ういいぃぃぃくが長引いてしまったので処理も含めて少し遅くなりましたが、星ネタも少し溜まってきていますので出しますね。

まずはISS。4月1日の未明に桜と星空を撮影できたのが良かったので、この小さな桜の公園はお気に入りになりそうな感じでした。で、4月の3日。夕方の直前になって、19時過ぎに関東上空をISSが通るということに気が付きました。ほぼ真上を通るコースです。むむ、天気もよさそうだし、久々にGS-200RCで狙ってみるのも…とも思いましたが、ふと思い出しました。これならもしかして桜とISSのコラボが撮れるんぢゃね?

満開の桜とISS 2023年4月
OM SYSTEM OM-1 LUMIX G VARIO 7-14mmF4.0(7mm F4.0 15secx8 ISO400)
ステライメージ9で比較明合成

桜は既に散り始めていましたが、まだまだ満開というイメージを保っています。ISSが天頂付近を通って、桜が咲いてて、かつ天気が良いという条件なんて、そうそうあるもんじゃありません。これはチャレンジしてみるしかないでしょう!

ということで、おおよその位置を推定して、桜をできるだけ入れるために超広角レンズの7-14mmを付けてOM-1をスタンバイします。ただ、東の空には満月前の月が煌々と上がってきています。なのでカメラはちょっとだけ北西向けにしてあります。それでも今回チェックしてみると、月光の影響か、ゴーストがちょっと出てました。もともとこのレンズはゴーストが出やすいので仕方ないかな…。月光を遮るように自分が影を造ればよかったのかもしれませんが、自分が写り込むとマズいので、その辺はなかなか難しいところです。

それでも、上空をずばびゅと通りすぎるISSをしっかりと捉えることができました。西の空にはまだ金星が見えていましたが、一番明るい所では金星よりも明るく見えたでしょうか。視野を横切ったISSは、この後月の脇を通り過ぎて東の空に消えていきました。

先日の星と桜の撮影の時とは違い、ちょっとだけ風が合ったのですが、桜のブレ具合は思ったほどではありませんでした。これ、結構行けますな。来年もまた、桜の時期にこうやって撮影できることを願っておきました。

関連記事

コメント

非公開コメント