緑でも 少し進めば色の森


先週末に訪れた植物園、天候は今一つで青空は望めなかったし、色鮮やかな紅葉にはちょっとだけ早い感じでした。、それでも探してみると色づいている葉もありましたし、少しレタッチしてみると結構鮮やかな色になってくれる葉もありました。眺めているとどんどん時間が無くなってしまうので適当なところで切り上げましたが、やっぱりこう、じっくり撮影している時間と言うのはいいですね。

赤く黄色く染まる葉 2023年11月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(41mm F4.0 1/160 ISO 200)

こちらは楠の仲間でしょうか。普段は黄色に染まってくれる木だと思います。部分的に葉赤い所もあって、本当なら晴れた空をバックに逆光に透かされる葉が美しいはずなんですね。曇り空なんでそんなに鮮やかには…と思ったのですが、明るく処理してみると思っていたよりも鮮やかに写っていました。いいぞぉ。

染まりつつあるケヤキ 2023年11月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(47mm F4.0 1/125 ISO 200)

こちらはケヤキ。これもまだ染まりきっていなくて、いまひとつな感じでしたが、これが真っ赤になる頃には今度は落ちる葉も多くなって、本当にいい色に染まっている瞬間ってのは短いんだろうなぁ、と思わせる雰囲気でした。黄色と緑のグラデーションがこれはこれで楽しかったりします。

フジの木が染まるのは実は知らなかった2023年11月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(44mm F4.0 1/100 ISO 200)トリミング

最後はフジの木です。この木を撮影するのは普通花が咲いている時だけなんですが、この日は紅葉がちょっぴりいい感じだったのでレンズを向けてみました。鮮やかさは少し足りませんが、これはこれでいい味をだしてくれて…いることにしましょう(^^;

この日の植物園散歩、もう少しあります。

さて、病み上がりなのでもう少しの間あまり重いものは持てないのですが、それでも外は晴れてます。なんか軽いものでなんとかしたいと思って、今夜は円子(CEM25EC)に、カメラレンズとASI585MCを付けて撮影をしています。その際、これまで接続コネクターは買ってたんですが、実際には接続したことの無かった赤道儀本体とASIAIRとを始めて繋いでみました。接続ケーブルはUSB-シリアルケーブルみたいなものです。ASIAIRとだとうまくつながらないかも…と心配したのですが、何のことは無いあっさり認識。ピント合わせをきちんとしておけばプレートソルブで自動導入がガンガン行きます。なんかすごいぞ…。

関連記事

コメント

非公開コメント