今年もまた CP+で 春を待つ (CP+ 天文関連速報)


こんばんは。玄です。今年も行ってきましたCP+。関東に住んでいるなら押さえておきたいイベントの一つですが、最近はサイトロンジャパンさんはじめ天文関連の出展も充実してきた感じがあります。今年はカメラメーカーのZWOさんも出展しているということでちょっと気になります。

CP+2023 01

私が確認できた内容や、X(Twitter)で得られた情報等も含めててきとーに(笑)紹介していきたいと思います。今回は速報ということで天文関係のみを駆け足で紹介していきますね。

CP+2023 05

やはり大きなブースを出して多くの新製品や参考出品を展示しているサイトロンジャパンさんは大盛況です。こちらは5cmF10.5、焦点距離520mmのD50。小型の経緯台に乗っていますが、個人的にはこの小型経緯台が気になってます。新製品発表では、今の日本の高度技術を使ってアクロマート鏡筒を造ったらどうなるか、というコンセプトで製造したらしいのですが、やはり良く見える、とのことです。今の技術ならF10ぐらいで良好な絵が得られるのでしょうか。価格も気になりますが、実際に覗いて比較してみたいものです。

CP+2023 09

こちらは75mmF5のSR2-001超高性能屈折。6群6枚で、フルサイズ周辺でも星像直径1.3μmと、驚異の性能を誇る…予定です。実際の製造はこれからなので価格や品質の安定性なんかが気になりますが、赤経性能が高性能なだけに、多少ズレてもエアリーディスク内に収まるはずなんでむしろ組み立て精度には余裕があるかも…というような話も聞けました。実際どうなるのか、価格やVixenのVSD70SSとの比較も含めて気になるところです。

同時に展示されていたのがマチナカリモートさんのところで開発している?SJX赤道儀。波動歯車赤道儀ですが、波動歯車も天文用に専用のものを使うなど、各所にこだわりがありそうです。現状で耐荷重20kgp(ウェイト使用)とのこと。三脚への取り付けがVixenと同じにしてあるところなんかは、ユーザー思いな気配はします。今使っているEM-200の代わりで自動導入機&波動歯車を探しているので、うまく行けばハマるかもしれません。ただこちらも価格等は未定。本体も10kgとやや重いのがネック。そして自動導入はPCが必須など、今一つな所もあります。ソフトウェア的に改善できそうなところもあるので、ある程度はなんとかしてほしい所です。

CP+2023 10

あぷらなーとさんの邪悪?三連砲も展示されていました。昨年の10cm三連砲と異なり今年は8cmになっていますし、比較的ノーマルな接続やカメラ。邪悪さは少しおとなし目になって「これなら俺にもできるかも?」と思わせるあたりが不思議です。いや、そんなこと思う時点で既に染まっている?。

CP+2023 12

Sky-WatcherのHAC125。口径125mmF2.0のプライムフォーカス小型反射カメラ。なんか詳細はまだまだこれかららしく、一応光軸修正装置とカメラのフォーカスシステムはついていましたが、よくわかんない、というのが正直なところです。ただ、スペックだけ見るとすごく面白そうです。小型軽量でStarAdventurer赤道儀に乗ってるのもポイント高いかも。

CP+2023 d1
もうひとつSkyWatcher。これは完全に試作段階とのことのHAX ALT-Azimuth Mount
このまま垂直に立てて経緯台方式にしたり、この角度まで戻して赤道儀にしたりと切り替えできるようです。まぁ、重心位置が低いのと、ウェイト不要で便利そうですが、多分自分は買わないんじゃないかと…。公共施設とかにはいいかもしれませんね。

CP+2023 29

こちらはunitecとの共同開発で、SJ-M経緯台を赤道儀にしてしまうという変わり種モーターキット。確かにアングル角度さえきちんとつければそこそこのものは組めそうですが、なんでもピリオディックモーションなどを覚えさせてアクティブに補正することで180mmで1分以上のノータッチガイドができる性能らしいっす。ソフトウェアを工夫するからこそできるシステム。いいなぁ、これ。
これもまだかなりの試作段階初期っぽい造りで、製品化はもう少し先になりそうな雰囲気です。接続ケーブルはLANだし(^^;

CP+2023 34

CP+ 2024 33

そしてAskarの新製品、185APO。屈折もここまで大きくなるともう圧巻です。20cm近い屈折望遠鏡は、本当に天文台クラスですよね
。さすがにEQ8に載せてましたが、それでも口径を考えると意外と「コンパクト」と言えるかもしれません。3枚玉で重さや眼視性能なんかにもよるとは思いますが、買う人が出てきても不思議ではないか…。通路側に配置していることもあって、看板として?いい仕事している感じでした。筒先からのぞき込んだ感じは…これってNo.1ロットなのかな?ASKARらしい丁寧な仕上げを感じさせる筒でした。

…ということで、SIGHTRONのブースを少し紹介しただけで時間的に厳しくなってきました(実はむっちゃ眠い)。残りは明日以降ぼちぼち紹介していきますね。今年もまた、非常に面白いCP+になりそうです。

ということで…つづく。

関連記事

コメント

非公開コメント