散り際の 濃い青空の 白い花


少しだけ間が空きましたが、桜ういいぃぃいいく、最後まで行きます。先週日曜日に撮影したのがメインでしたが、天候はかろうじて青空が少し見えた程度。若干消化不良な感じがしてましたが、気温が一気に上がりましたし、時期的にはこの週末は4月中旬になるので、もう桜は散ってしまう時期だったりします。

青空の下の大木の桜 2024年4月
OM SYSTEM OM-1 LUMIX G VARIO 7-14mmF4.0(7mm F6.3 1/500 ISO200)HDR

それでも、咲き始めがちょっと遅かった桜はかろうじてその花を残していてくれました。ここ2年ほどは毎回訪れている某駐車場の大きめの桜。ここは周囲に障害物も少なく、天候さえ良ければすごくいい風景を見せてくれます。今朝がた撮影した時には青空も広がっていて満開を過ぎた桜はその花びらを盛大に散らしていました。

青空と真っ白な桜 2024年4月
OM SYSTEM OM-1 LUMIX G VARIO 7-14mmF4.0(9mm F6.3 1/800 ISO200)HDR

木の真下から狙うのも面白いのですが、やはり太陽が当たっている面と青空をバックにすれば、いかにも満開の桜らしいコントラストを出してくれます。HDR撮影をすると青空が深く濃くなってくれるのですごく面白いのですが、後からPCで見て見るとやはりコントラストが少し淡くて暗いのでちょっと調整に苦労したりもします。まぁ、その調整をしている時もまた面白いんですけどね。

青空とクローズアップの桜枝 2024年4月
OM SYSTEM OM-1 M.ZD 12-100mmF4.0 IS Pro(75mm F4.0 1/2000 ISO 200)HDR

広角で枝ぶりを捉えるのもいいのですが、天気がいいとどのアングルで撮影しても青空さえ入れておけば勝利、みたいな感じになります。クローズアップで青空と重なる枝と花芯を捉えてみました。もうかなり散っているので花芯は赤くなっていますが、なごり惜しいい満開の花らしくて、葉が伸びてきている緑とのコントラストを含めて、暖かい風が吹いてきそうでこれはこれで好きだったりします。

撮影した桜はまだ少しあるので、タイミングを見てもう少し紹介するつもりですが、とりあえず今年もたっぷりの桜を楽しむことができました。また来年~。

関連記事

コメント

非公開コメント