新しい 冷却カメラを 使うまで (ZWO ASI2600MC Duo)


先日から少しえふんえふん言ってたかもしれませんが、はい、ごめんなさい。新しい冷却カメラを買ってしまっていました。

動画表示用 2024年4月

ただ、実は同時にオフアキシステムなんかを買ってたのもあるのと、新しいカメラと望遠鏡との接続方法を少し悩んでいたこともあって、なかなか使えないでいたんですね。その後色々忙しくなったこともあって、結局今回のアンボックスの動画を撮影できたのは、買ってから一か月以上経ってからのこのタイミングでした。とほほー。



ということで、あこがれのAPS-C冷却カラーカメラ(ガイドセンサー内蔵)を導入してはすはすしている玄を、再び動画でご覧ください。毎度のように?トラブルでバタバタしているのを笑っていただければ幸いです。…ただ、今回も気が付いたら25分ぐらいの動画になっていますね。結構頑張って編集したんですが…単純にまとめる力が足りない気がします。もう少しストーリーを作っておかないと無理かなぁ。

動画の反省点は挙げればきりが無いんですが、机上がやたらごちゃごちゃしているとか、顔が暗くて怖いとか、その辺は気を付ければもう少し何とかなりそうなので、次に撮る時はもう少し頑張ろうかと思います。
1点、前回(FF130開封動画)よりはよくなったのが、音声です。前回はE-M5IIのカメラ内蔵のマイクだけで頑張ってたのですが、全然感度が足りませんでした。今回はこの方式でレコーダーの音声出力をカメラのマイク入力に接続することで、十分な音量を確保しています。その分BGMも少し大きめ。編集はだいぶ楽になりました。

さて、肝心のカメラの方ですが、正直それなりに高価なので、多少は迷いました。でも、一眼カメラや小型のCMOSカメラで色々撮影をしていると、やっぱりAPS-Cサイズの冷却CMOSカメラが欲しくなります。モノクロカメラはちょっと面倒なのと、どうせオフアキで色々苦労するなら、センサー内蔵式でいいじゃん…となって今に至ります。ただ、コレを買っちゃうと、アレも…えふんえふん。

一応テスト撮影はしてみたんですが、なかなかうまくいかず、まだ現像できていません。いや、カメラの性能はよさそうなんです。よさそうなんですが…。そのうちできたら出しますね(^^;

関連記事

コメント

非公開コメント