芽を出したカタバミ


10月の半ばにチューリップを植えるために整備した花壇に、雑草が生え始めていた。そこにひょこっと顔を出していたのが写真のカタバミ。1本だけで芽が出ているので、なーんとなくさみしいような、りりしいような。とりあえずぐぐっと近寄って撮影してみた。カメラはE-330なので、このアングルだと当然ライブビュー。カメラは地面にぴったり付くような形になるけど、比較的撮影は楽。しかもこのレンズはかなり寄れるので、接写も結構楽。ということで、地面の石ころなんかも含めて雰囲気は出たのではないか、とは思うものの、周囲の状況をもう少し整理できる被写体を選んだほうがいいかなぁ、とも思う。光の加減も少し暗い感じになってしまった。なかなか難しい。
OLYMPUS E-330 ZD14-54mmF2.8-3.5(54mm F4.5 1/250sec ISO400)

関連記事

コメント

No title

○猿○
おつかれさまです。。。。。
なんか、こ~いう一枚凄く好きです♪

No title

エンさんどうも~。コビトになった気分ですな。このときのレンズも結構寄れるんですが、接写がいいですねぇ。癖になります。
非公開コメント

トラックバック