枯れヨシに よりそうように 吹雪く風


 引き続き、雪の降りそうな河川敷です。ここに来た時はこのヨシをなんとか撮影してみたいと色々狙ってみるのですが、印象的な写真はなかなか撮れないのが正直なところです。本当はこの背景に鳥やそのほか何かワンポイントになるものがあるとぜんぜん違ってくるのでしょうが、この日はあいにく鳥はほとんど見かけませんでした。まぁこれだけ寒い河原だと鳥がいるだけでも不思議な気もします。揺れ動くヨシの枯れ枝を撮影しようとしてみたのですが、風があって揺れ動く穂になかなかピントがあいません。このときは少し粘って撮影してみたのですが、寒さの中で撮影するのはやっぱり楽ではありませんね。この後カメラをバッグにしまいこむときには、手がかじかんでうまくいきませんでした(^_^;)。写真は白黒にしてもいいぐらいのコントラストがついていたので、更にコントラストを少し上げていますが、わずかに残った空が青くて更に冷たさを誘っていたので、白黒にはしていません。
OLYMPUS E-3 ZD40-150mmF4.0-5.6+EC-14(112mm F6.7 1/1000sec ISO 100)

関連記事

コメント

No title

taka915
こういうの好きで良く撮るんですが、AFでピンと合わせるのは至難の業ですねぇ。
風があって揺れるとすぐに飛んじゃうし。でも、シャッター速度遅めにして、風で揺れてるところ撮りたかったりもしますね。
つ、わけで、レンズ選びの際には、フルタイムAF/MFのレンズ、ってのが最近の私のポイントになってます。

No title

私もシルエットを撮るのは好きなんですが、撮りたくなるようなシルエットになかなか出会えない(探していないとも言う)ので、思ったより少ないかもしれません。こうして不安定なピンをMFで合わせるのはうまく行けばバシッと決まるのですが、たいていの場合は目を凝らして「うーむ」とうなって、エイヤと撮ってしまうのが常です(^^;。E-3のファインダーでそんな贅沢を言ってもしょうがないのですが、わからないもんはわからないんですよね。
というわけで、ほぼ全てのレンズがフルタイムMFになるE-SYSTEMは結構便利ですよ~。
非公開コメント

トラックバック